接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

楽園情報

楽園、浜友観光株式会社に関するアルバイトをはじめとする様々な情報をお届けします。普段外部からは見えない、意外な情報も盛り沢山!?
  • 【楽園のホントのトコロ】ホールマネージャー奮闘記 Vol.1

【楽園のホントのトコロ】ホールマネージャー奮闘記 Vol.1

2017.01.31
ポートレート

はじめまして! 九重瞳と申します。私は楽園沼津店でホールマネージャーとして勤めています。

アミューズメント施設やパチンコホールでの仕事内容や職場の様子は、あまり知られていないことが多いですよね。かくいう私自身も、浜友観光に就職するまではあまり詳しくはありませんでした。

だからこそ、浜友観光への就職や転職、楽園でのアルバイト勤務を検討している方々に向け、実際に現場にいる私たちスタッフの目線から、リアルな職場の様子をご紹介してきたいと思います。

Vol.1の今回は日々の仕事ご紹介の前に、私の職場とこれまでの経歴について簡単にご紹介します。

 

 

○まずは職場のご紹介

 

沼津RAKUUN

 

私が勤務する楽園沼津店は、複合商業施設「沼津RAKUUN(ラクーン)」のB1F〜2Fに入っています。

この施設も浜友グループが管理しているのですが、楽園の他にもよしもと劇場やカラオケ、室内遊技場などアミューズメントの複合施設になっています。

とは言いつつも、あくまで私の職場は楽園! 日々、お客様に快適な時間、最高のホスピタリティをご提供できるように頑張っています。

 

 

○沼津店の立ち上げに携わって

 

実は、私は楽園沼津店のオープニングメンバーなんです。

2013年に浜友観光に入社し、楽園沼津店のオープンは2014年4月。就職して1年も経たずに店舗の立ち上げに関わることになりました。

通常の勤務でも覚えることは多く、日々勉強なのですが、それが店舗立ち上げとなると尚更。

しかも、オープニングメンバーというと仕事ぶりの良い優秀な社員が選抜されることが多く、私はその期待に応えられていないのでは? という不安と重責の中での取り組みとなりました。

決して楽な経験ではありませんでしたが、自分の努力や工夫、周りの人たちとの協力で達成した店舗のオープンは、確かに私を成長させてくれたと思っています。

 

 

○異色!?の経歴と能力を活かして

 

私は浜友観光では珍しい、美術大学の出身です。(とは言っても、スタッフには様々な経歴の人たちが集まっています。)

一見、接客がメインのパチンコホールの業務と美大の経験は関連なさそうですが、景品の選定やディスプレイといった業務には、私の経験や能力、アイディアが活かせていると思います。それがお客様に選ばれるお店づくりに繋がっていれば、それほど嬉しいことはありませんね!

 

 

○ホールマネージャーという仕事

 

さて、最初にご紹介したように、いま私はホールマネージャーという役職を務めています。

マネージャーとつくだけあって、通常の店舗の運用業務の他に、スタッフの管理も行うことになります。

新人で店舗立ち上げに関わっていた私を支えてくれた先輩社員やホールマネージャーのように、周りのスタッフが少しでも気持ちよく、目標を持って仕事に取り組める、働きやすい職場を作っていきたいです。

それが結果的に楽園が目指す「接客日本一」に繋がると思っています。

 

 

次回からは、職場での取り組みについてご紹介していきます。

私がご紹介する「楽園のリアル」を通して、少しでもアミューズメント業界や浜友観光の取り組みに興味を持って頂ける方がいれば、素晴らしいことだと思います。

今後もよろしくお願いします!

 

インカム

 

次記事:【楽園のホントのトコロ】ホールマネージャー奮闘記 Vol.2

ページの先頭へ