接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

アルバイト情報

アルバイトに関するちょっと役立つ、なんだか気になる、そんな耳寄りな情報を「楽園」がお届けします!
  • バイトだからって許されない!? 知らないとヤバイラーなビジネスマナー その2

バイトだからって許されない!? 知らないとヤバイラーなビジネスマナー その2

2017.02.20
飲み会

2017年も早1ヶ月が過ぎ、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

筆者は、年明けすぐの新年会で普段見かけないような会社の偉い方や、違う部署の先輩たちとご一緒してあたふたしてしまいました。

というのも、普段そんな偉い方たちと会食することがないのと、そのためにそういった時のマナーを一切勉強していなかったから。

 

結局せっかくの楽しい席なのに、恥をかかないために隅っこでひっそりとしてました。これから先の季節は、部署変えや新入社員が入ってきたりと、何かと飲み会が多い季節。そのためにも、筆者と同じ思いをしないためにも社会人として必要な会食の時必要なマナーを心得ておきましょう。

 

 

1:無礼講=無礼講ではない! 無礼講≒(ほんの少し)羽目を外していい

 

まずは、これだけは絶対に勘違いは許されない「無礼講」の意味。

よく立場が上の人が同席する際に、堅苦しい雰囲気をなくすために、今日は無礼講で飲もうなどと声をかけてくれることがあります。

しかし、絶対に、絶対に思い違いをしていけないのは、愚痴を言ってもいい飲み会ではないこと。一人飲みなどに出かけると、これを勘違いしてお酒の勢いもあり、やらかしてしまっている人を良く見ます。

 

飲み会

 

そもそも、本来の無礼講の意味は、形式張った作法は無くして身分の上下の隔たりを無くして共に楽しむこと。なので、これを勘違いして勢いで何でも言ってしまっていいことではありませんので心得ておきましょう。

 

 

2:乾杯をきっちりしてこそ社会人

 

続いては、細かいことだけど見ている人は見ている乾杯の仕方。飲み会では必ず乾杯が行われますよね。

実はこれにもちゃんとしたマナーがあります。

まずは、意外と知られていませんがグラスで乾杯する場合は、本来はグラスをぶつけ合って音を鳴らして乾杯することはマナー違反とされています。

というのも、グラスによっては、作りがとても繊細で割れやすいものもあること、そうなってしまってはせっかくの楽しい雰囲気も台無しになってしまいます。

この場合の正しい乾杯の仕方は、高めに持ち上げて、乾杯と言葉で発するだけで十分です。また、グラス以外の乾杯やグラスでも合わせて乾杯を求められた場合は相手の口がつく部分より下に構えて差し出すことがマナーとなっています。

 

 

3:タバコの吸い場所の確認

 

そして、これもしちゃダメなタバコについて。喫煙者してみればいつもの日常なことなので、自然と吸いたくなってしまいますが、タバコが好きではない上司・先輩などからのブーイングを食らってしまいます。

吸わない方を尊重しつつ吸う人も尊重してもらう。

せっかく美味しく食べていても、吸わない人にしたら不快な臭い扱いでもあります。吸う人のテーブルと吸わない人のテーブルをしっかり作っておくと良いでしょう。

 

 

4:食べるペースにも配慮が必要。

 

これは特に男性に多く見られますが、とにかく食べるのが早い人。

プライベートや一人での食事では問題ないのですが、会食の場やコース料理の場合だと同席者全員のお皿が空いてから次の料理になるので、一人だけ早いペースで食べ過ぎてしまうと周りにプレッシャーを与えてしまいます。ある程度周りのペースに合わせながら食事をしてください。

 

 

5:お礼は大きな声で

 

最後に、ご馳走になった場合はどんなに大勢でもなからずお礼を忘れずに。

少人数での飲み会でご馳走になった場合は、お礼を言い忘れるなんてないとおもいますが、大人での会食や飲み会の場合などは、誰かが言ってくれているだろうと思ったり、先輩が代表して言ってくれたに違いないなどと思ったりして、お礼を言うのを忘れがちです。

しかし、ここはどんな状況だろうと必ずご馳走になった際には、お会計の後、もしくは別れ際にお礼を言いましょう。どうしてもタイミングがなければ、次の日挨拶の際にお礼を伝えるのがマナーです。

これからの歓迎会や会食の際に悪い印象を与えないためにも必要最低限のマナーは身につけておきたいですね。

 

以上、アルバイト、パート、社会人、すべての人の為の「飲みビジネスマナー講座」でした。

 

ページの先頭へ