接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

その他

「ぱらり」読者みなさんに、アルバイトだけではない多種多様なジャンルの情報をお届けします!
  • 今更聞けない幼稚園・保育園・認可・無認可の違いは?

今更聞けない幼稚園・保育園・認可・無認可の違いは?

2017.05.09
shutterstock_428139811

慌ただしい年度末・始を過ぎ、やっと落ち着いてきた方もいるのではないのでしょうか?

編集部の周りの小さいお子様がいる家庭では、保育園や幼稚園に入れなかったか家庭があり、集まるとどうしてもその話になります。共働きの世帯やお子様がたくさんいる家庭では大変な問題ですよね。認可や無認可など色々な保育園・幼稚園の違いがありますが、今更聞けないという方々向けに、今回はそれぞれの違いをご紹介します。

 

 

保育園、幼稚園の違いについて

 

①幼稚園

  • 入園できる年齢:3歳になった春から、小学校入学まで
  • 保育時間:平均4時間
  • 保育料:私立、公立で大きく違いがありますが、公立幼稚園平均年額15〜20万円。私立幼稚園平均年額35〜50万円。この金額はちょっと驚きです、公立幼稚園でも毎月の出費がキツイと思ってしまいますが、私立幼稚園がこんなにも高額とは……。
  • 先生の免許:幼稚園教諭免許状

 

②保育園

続いては保育園について

  • 入園できる年齢:0歳※から小学校入学前まで。※保育園の受け入れ年齢により異なります
  • 保育時間:平均8時間
  • 保育料:自治体が、保護者の所得に応じて設定。家庭の状況に合わせた設定をしてくれるようです。
  • 先生の免許:保育士資格証明

 

以上のような違いがあります。幼稚園と保育園の圧倒的な違いは、幼稚園は小学校入学前の子供が通う学校「教育施設」であるということ。確かに、幼稚園だとひらがなや英語を習ったといった話や、夏休みや冬休みに算数の勉強をしたという話を聞きます。

 

shutterstock_562097731

 

一方、保育園は、お子様を保護者の代わりに預かる「児童福祉施設」であるということ。そのため、教育というよりかは、子供も自由に過ごせるみたいです。私自身、わんぱくに保育園内を走り回ってお昼寝というのが、基本コースだったりしました。

 

 

認可保育園、無認可保育園の違いって?

 

続いては、認可保育園、無認可保育園の違いについてです。保育園自体通った事がない人には、ちょっと違いがわかりにくいですよね。一般的には国から運営の許可を得ているのが「認可保育園」です。逆に国の認可は受けていないが独自で運営している保育園のことを「認可外保育園」となります。

 

保育園というのは、児童福祉法によって預かることができる人数に対する保育士の人数や、施設の広さなどが定められています。この定めに則って運営することができる保育園のみ認可保育園となります。

 

気になる保育料ですが、認可保育園は自治体によって決められた一定額となります。認可外保育園の場合は、預ける時間や入園のしやすさもありますが、認可保育園よりは高め設定となっています。ただ一概にどっちの保育園が良いという話でもないため、卒園生の親御さんなどから情報がもらえるよいいでしょう。

 

改めて調べてみると、子供を預ける選択肢って色々あるみたいです。

皆がどうしているかよりも自分のライフスタイルや子供との家庭環境に添って選んだほうが良いと私は思います。楽園では、地域店舗により保育費半額補助や保育園併設をしています。是非楽園の求人をチェックしてみてください。

 

楽園グループのアルバイト・パート求人情報

 

ページの先頭へ