接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

楽園職場のリアル

あまり詳しくない人には、中々イメージがつきにくいパチンコホールでの業務内容。ここでは現場で働くスタッフの目線から、皆様に楽園のリアルな職場の様子をお届けしていきます。

【楽園のホントのトコロ】ホールマネージャー奮闘記 Vol.5

2017.05.25
IMG_4476

手ごたえを感じつつあるホールマネージャー奮闘記。今回も引き続き、楽園沼津店での仕事の様子をご紹介します。

沼津店は地域密着型店舗として、アミューズメントを全力でご提供していきます。今回は、「職場の雰囲気」についてご紹介します。

 

 

■沼津店にも春がやってきました!

 

沼津は静岡県有数の都市。

この春から初めて沼津にお住まいになる方もいらっしゃると思います。ぜひそんなお客様にも楽園に繰り返しご来店いただき、楽園のファンになっていただきたいと日々考えております。

ご遊技中のお客様に飴をお持ちして、新規ご来店の方と挨拶したりコミュニケーションをとったりなど、お客様と距離感を近づける機会を増やしていきたいと考えています。

 

 

■もちろん常連のお客様ともコミュニケーションを大切に

 

常連のお客様とも、普段よりさらにコミュニケーションをとることが出来ています。”ご自由にお取りください”では、飴もなんとなーく取りにくいですよね。でも、こちらからお持ちすると喜んで受け取っていただけます。

しかも、お持ちした飴に関してもこういう飴が欲しい、あるいは前あった飴がもう無いのかなど、様々なご意見をいただけます。

そのタイミングで、飴のことだけでなくスタッフの接客や設備に関しても、お客様からのご意見(お褒めの言葉も)を多数頂いております。

日々働いているとどうしてもスタッフ側の目線で物事を考えてしまいがちになるので、店を良くするにはまだまだやるべきことがたくさんあるなと、改めて思います。

 

 

■沼津店にも新しい風が吹いてきています

 

就職・進学の季節ですが、沼津店にも新たに3名の新入社員が来ました。全員パチンコの経験があるメンバーでしたが、今まで接客される側だった為、初めてホールに出た際は非常に緊張しているようでした。

慣れない環境に加え、覚えることはたくさんあります! 入社した当時は本当に大変だったと自分の新卒時代も、ふと思い出してしまいました。

先輩スタッフとのコミュニケーションを通じて徐々に緊張もほぐれてきたのか、だんだんと良い笑顔や元気な声も出る様になってきています。日々成長する様子を見ていると、自分も初心に戻って頑張らなくてはという気持ちになります。

接客技術という面ではまだまだ足りない部分はありますが、この時期ならではの新スタッフのフレッシュさはスタッフにとっても、お客様にとっても良い刺激となるようです。
次回もお楽しみに!

 

 

前記事:【楽園のホントのトコロ】ホールマネージャー奮闘記 Vol.4

次記事:7月アップ予定

ページの先頭へ