接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

暮らし

毎日の暮らしをちょっと楽しく、ちょっと便利に。アルバイトに行くのも楽しくなるような日々のコツ。
  • 働くママ必見!子育てのイライラを溜めない5つの方法

働くママ必見!子育てのイライラを溜めない5つの方法

2017.07.13
shutterstock_472129582

 

最近、タレントの福田萌さんやあびる優さんが子育ての不満や悩みをSNSで発信して、話題になりました。批判的な意見も多くありましたが、「わかる!わかる!」と激しくうなずいたママさんも多かったはず。

子育てはストレスがたまるものです。働きながらの子育てだとなおさら。もしかしたらイライラしていないママさんの方が少ないかもしれません。

そのイライラが爆発して、育児ノイローゼになってしまったり、子供に当たったりしたら大変!そうなる前に対策を考えて、ストレス解消法を実践してみましょう!

 

 

1.人に話す

 

自分の中のモヤモヤを人に話すと、頭の中が整理されて何にモヤモヤしていたのか、原因が見つかりやすくなります。

話し相手は、仲の良い友達や自分の母親など、気心の知れた相手がいいですね。

もし相手が遠方に住んでいる場合、メールやLINEの会話で済ませてしまいがちですが、思い切って電話をかけてみましょう。

話すだけで気持ちが晴れた!ということも往々にしてありますよ。

 

 

 2.泣く

 

子育てストレスだけに限らず、「泣いたらスッキリした!」という経験ありませんか?

この現象には科学的根拠が示されていて、感情が揺さぶられて涙を流すと、ストレスを促す交感神経から、リラックスを促す副交感神経が優位な状態に切り替わります。また、涙と一緒に脳から分泌されるストレスの元になる物質も一緒に排出されるという研究結果も出ています。

「子育てが辛くて泣いちゃった…」というのは、実は正しいストレス解消法なのですね。

ちなみに、タマネギを切って涙が出た…ではダメ。

泣ける映画や泣ける本を読んで、泣くのはOKです。

涙を流してストレスを発散させてみましょう。

 

 

3.家事の手抜きをする

 

疲れがたまっているなーと思った日は、ごはんを作るのをやめて、お惣菜屋さんや出前にたよりましょう。掃除、洗濯は1日くらいサボっても大丈夫!

今日絶対やらなきゃいけない家事なんてそうそうありません。

疲れた日は、家事臨時休業にしましょう。

 

 

4. 自分の自由な時間を作る

 

子供をパパさん、ご両親、1日保育などに預けて、自分の好きなこと、やりたいことをします。

映画館に行って映画を見たり、ドライブに行ったり、友達に会いに行くのもいいですね。

自由時間にストレスを解消するコツは、「日常を忘れるほど熱中する」ことです。

「楽しくて、気がついたらこんなに時間が経ってた!」となるのがベストです。

 

 

 5.夫に協力してもらう

 

いつも元気なママさんだから、本当はすごいストレスを溜めているということを知らないパパさんも多いです。

爆発する前にパパさんに話して、家事分担をしてもらったり、休みの日に子供の面倒を1日みてもらう…など、ママさんのストレス発散に協力してもらいましょう。

イライラママさんはどうしても「なんでやってくれないのよ!これぐらいやってよ!」とけんか腰になりがち。ここはグッとこらえて、冷静に!「これやってもらえると助かるんだけど…」と優しくお願いしてみましょう。

 

 

最後に

 

ママがイライラしていると、子供はそれを敏感に感じ取ります。子供が、何を言っても言うことを聞かなかったり、理由もなくギャンギャン泣いたりしている時は、立ち止まって自分の気持ちを客観的に見てみましょう。

「私、イライラしてるな…」「疲れているみたい…」と思う時は、自分を大事にすることを考えてください。

子供が元気に育つためには、まずママさん自身が幸せでなくてはなりません。自分を大切にすることが、最終的には子供のためにもなるのです。

 

ページの先頭へ