接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

アルバイトスタートガイド

アルバイトをスタートしたいけど、何からすればいいかな…。そんな不安なみなさん集まれ!アルバイトをスタートするための情報はココを見れば分かる!

書類審査は絶対パスしたい! アルバイトでの履歴書の書き方【志望動機編】

2017.08.08
fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_m

 

志望動機と言われても、アルバイトの場合『そんなに強い思いがあって志望しているわけではないんだけど……』と、悩む人も少なからずいるのではないでしょうか?

今回は、そんな志望動機の書き方のちょっとしたコツをまとめてみました。

 

 

嘘のない志望動機をはっきりさせる

 

些細なことだったとしても、応募しようとしたからには理由があるはずです。文章の骨組みとして、まずはそれをはっきりさせましょう。

よく聞く理由は“家や学校から近い” “時給が魅力的” “勤務時間の条件が合う” “職場の雰囲気が好き”など。“職場の雰囲気が好き”というのはポジティブですが、他は志望動機として弱いと感じる人もいるでしょう。でも、それも書き方ひとつ。次の例題を見て参考にしてみて下さい。

 

 

志望動機の書き方例

 

例文とそのポイントをいくつか見ていきましょう。

 

【志望理由1】家・学校から近い

〈例文 学生の場合〉

学校から近く、通いやすいため志望いたしました。こちらのお店は普段から利用しており、明るい接客で生き生きと仕事をされているスタッフの方々が印象的だったので、私もその中で接客を中心として様々なことを学びながら働きたいと考え応募しました。

 

〈ポイント〉

“近い”というのは“続けやすい”とも捉えられるので実は悪い印象ばかりではありません。ですが、それだけ書くと素っ気ない印象になるので“好きなお店だから”など、プラスと感じられる要素を足すようにするといいでしょう。

 

〈例文 主婦・主夫の場合〉

子どもが小学校に上がったばかりのため、仕事を終えたらなるべく早く帰れるように、自宅から近い貴店を志望いたしました。前職で経験した接客や事務仕事の経験が活かせればと思っています。働ける時間は平日の昼間に限定されてしまいますが、家族の理解は得られておりますので精一杯頑張ります。

 

〈ポイント〉

主婦・主夫の方の場合、制約のあるケースも多いと思います。今の状態をある程度率直に伝え、時間の希望があるようならあらかじめ志望動機に記載するとアルバイトに受かってからの関係も良好に築きやすくなります。また、主婦・主夫、フリーターの場合、これまでの仕事での経験や獲得した資格、特技などで活かせるものがあれば積極的にアピールするのが重要です。

 

【志望理由2】時給が魅力的

〈例文 学生の場合〉

大学生となり、学費を親に負担してもらっている分、日々の生活費は自ら稼いだお金で過ごしていきたいと考えています。そのため通いやすく長くつづけられそうなアルバイトを探していたところ、貴店の求人を見つけて応募しました。

 

〈ポイント〉

直接的に“お金がいいから”というのはNG。また、アルバイト経験の浅い学生の場合、無理に即戦力としてアピールをするよりも、アルバイトの目的や前向きな姿勢などを自分の言葉で真摯に伝えた方が好感を持ってもらえる傾向にあります。

 

〈例文 フリーターの場合〉

これまでも接客中心のアルバイトをしており、前職では新人教育なども任せていただきました。そのような経験を活かしながら、生活費に加え、趣味である海外旅行の資金を貯められるアルバイトを探していたところ、貴店の求人を見つけ応募いたしました。勉強中の英語も接客に活かせればと思っています。

 

〈ポイント〉

直接“お金”と言わなくても高収入という点を期待していることが感じ取れるかと思います。これまでの経験を積極的にアピールしながら、働く目的や意欲をしっかりと伝えるのも鍵。求めるものをある程度伝えることで、雇用主側も「旅行のためにたまに連休を取るのかな?」など、疑問点を雇う前にクリアにしておくことができます。

 

 

志望動機の項目では、自分をアピールしながらも、バイトをする上で重要視していることを相手に伝えるというのが一番の課題です。よくある文章のコピペではなく、できるだけ人柄が伝わるよう自分の言葉で書いてみて下さいね。

ページの先頭へ