接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

アルバイト情報

アルバイトに関するちょっと役立つ、なんだか気になる、そんな耳寄りな情報を「楽園」がお届けします!

脚のむくみはその日のうちに解消!徹底ケア方法

2017.09.15
shutterstock_409456234

 

 

接客のお仕事では、立ちっぱなしでいなければならないことも多いですよね。そんな立ち仕事に従事する女性のお悩みといえば「脚のむくみ」。夕方になると靴がきつくなるほど脚がむくんでしまうという方も多いんです。

一日の立ち仕事でヘトヘト、すぐにでも眠りたい…という気持ちもよくわかりますが、むくみの放置は禁物。むくみは放置するとどんどん溜まってしまう性質があるので、疲れやだるさが取れにくくなったり、セルライトに変化して足が太くなってしまう恐れがあるのです。むくみは溜まれば溜まるほど解消するのが大変になるので、早めのケアを心がけましょう。

 

 

脚はなぜむくんでしまうの?

 

そもそも脚のむくみはどのようにして起こるのでしょうか?

むくみとは、体液の循環が悪くなり余分な水分や老廃物が皮膚の下に溜まった状態のこと。水分や老廃物を運んでくれる血液やリンパ液の流れが滞ってしまうことから発生します。水分は重力の関係で体の一番低いところに溜まるため、特に脚がむくみやすいのです。

血液やリンパ液の流れが滞る習慣は、日常生活の中にたくさん潜んでいます。立ちっぱなし・座りっぱなしなど、長い時間同じ姿勢を取り続けることがその代表です。立ち仕事でもデスクワークでも、脚のむくみは発生してしまうということです。

 

 

お風呂でぽかぽかマッサージ

 

脚のむくみを解消する簡単な方法は、毎日のお風呂で脚を温めることです。暑い季節はついついシャワーで済ませてしまいがちですが、素足でいることも多いため脚は意外と冷えており、知らず知らずのうちに血行が滞ってしまいます。しっかりと湯船に浸かって血行を促進することで、余分な水分や老廃物が運ばれむくみ解消につながります。

湯船の中で脚をマッサージするのも効果的です。まず足の指の間に手の指を入れ握るようにして、指の間をしっかりと広げます。そのまま足首を右回し、左回しとゆっくり回します。次に、足の指を一本ずつ引っ張って回していきます。普段靴の中で縮こまっている足指をほぐすと、とても気持ちがいいものです。

最後に、両手で足の裏からふくらはぎまで体重をかけて揉みます。下から上に向かって、老廃物を流すようなイメージで揉み上げましょう。たった5分の簡単なマッサージですが、毎日続けることで蓄積した脚の疲労感も解消できます。

 

 

むくみ撃退のツボ3選!

 

最後に、むくみ解消に効果があると言われているツボを3つご紹介します。東洋医学の知恵であるツボ指圧は、手軽なセルフケア方法として古くから親しまれてきました。日々のマッサージにプラスして、さらなるリフレッシュを目指しましょう。

 

・湧泉(ゆうせん)

yusen,jpg

膀胱と腎臓の機能を高める「湧泉」は足の裏にあるツボで、足の指を曲げてグーを作った時に一番へこんでいるところが目印です。両手の親指を重ねてぐっと押しもみすると効果的です。

 

・曲泉(きょくせん)

kyokusen

脚の血行やリンパの流れを促進する「曲泉」は膝の内側にあるツボで、膝を曲げた時にできるシワをなぞって少しくぼんだ部分が目印です。片方の手で膝を抱えるようにして、もう片方の手でぐっと指圧しましょう。

 

・太渓(たいけい)

taikei

水分代謝を良くして下半身の冷えを撃退する「太渓」は足首の内側にあるツボで、内くるぶしとアキレス腱の間のくぼみが目印です。くぼみの中央に人差し指を当て、アキレス腱に引っ掛けるようなイメージで指圧しましょう。

 

 

むくみをその日のうちにリセットしておくことは、疲れやだるさを解消できるだけでなく脚痩せにもつながります。

手軽なマッサージやツボ押しで疲れ知らずの美脚を目指しましょう!

 

ページの先頭へ