接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

楽園情報

楽園、浜友観光株式会社に関するアルバイトをはじめとする様々な情報をお届けします。普段外部からは見えない、意外な情報も盛り沢山!?
  • 【楽園のホントのトコロ】ホールマネージャー奮闘記 Vol.7

【楽園のホントのトコロ】ホールマネージャー奮闘記 Vol.7

2017.09.26
インカム

 

いつもご愛読いただき、ありがとうございます! ホールマネージャー奮闘記、今回も楽園沼津店の仕事の様子をご紹介します。

 

沼津店は地域密着型店舗として、お客様に最高の「楽しい!」をご提供できるように、常に努力をしてまいります。

 

 

大規模設備改装中の店内研修

 

8月に楽園沼津店は、全フロアで大幅な設備改装を行いました。グランドオープンしてから初めて3日間もの店休をいただき、その間、全スタッフで研修を行いました。

研修では、前回の連載でも書きました「アイコンタクトキャンペーン」を行って変わったことについて意見を交換したところ、「声量・活気が出た」「接客が楽しかった」「スタッフ同士お互いを見るようになった」など前向きな意見が活発に出され、大変意義深い研修になりました。

この研修を通じて、私たちも「お客様に楽しんでいただく」そして、「沼津店を静岡No.1の店舗にする」という目標に立ち返りました。

 

IMG_0029

研修の際に書かれたホワイトボード。真面目なやり取りが伝わるでしょうか。

 

 

グランドオープンの時の熱い想いを

 

台が大幅に入れ替わっただけでなく、例えば今まで2Fフロアにあった5円スロットがB1Fに移動し、その5円スロットと、1Fの一部フロアに各台計数機を導入しドル箱がなくなるなど、見た目の面で非常に変わりましたので、お客様からの反響も非常に大きいものでした。

「グランドオープンの時の活気を思い出す」とあるお客様に仰っていただきましたが、お客様の期待感だけでなくスタッフ達の熱意においても、グランドオープンの時に非常に近かったとではないかと私自身も感じました。

 

 

トラブル対応力の必要性

 

入替後や設備変更後は、台や還元機(玉・メダルを島内に循環させる機械です)のトラブルがいつも心配されます。今回、3日間はそれほど大きなトラブルがなかったのですが、むしろ少し後のお盆休み前と最中に設備トラブルがあり、対応に苦心しました。

業者様に見ていただき対応は完了しましたが、それまでに自分で有効な対処ができず、もっともっと勉強しなきゃいけないなと感じました。

店休中だけではなく、店の営業期間中も継続して研修を行い、専門知識の向上に努めていきたいと思いました。

 

ページの先頭へ