接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

暮らし

毎日の暮らしをちょっと楽しく、ちょっと便利に。アルバイトに行くのも楽しくなるような日々のコツ。
  • 貯金が増えないのはなぜ? 見直そう生活習慣!

貯金が増えないのはなぜ? 見直そう生活習慣!

2017.10.12
shutterstock_569194054

 

「コツコツ節約法を実践し、無駄遣いをしているつもりもないのに、何故かお金が貯まらない…」というお悩みは、家計を守る女性にとって切実なものですよね。

だからといって我慢するポイントを増やせば、ストレスが溜まってしまいます。なかなか収入を増やせない場合、どうしたらいいのでしょうか。

実は日々の暮らしの中にこそ、貯金を増やすための大きなヒントがあります。

貯金成功のカギを握るのは、節約でも収入アップでもなく生活習慣。何気ない習慣の中に、貯金下手の方特有のクセが隠れているかもしれません。

まずは生活習慣から見直して、貯金上手を目指しましょう!

 

 

スーパーでのお買い物には誘惑がたくさん

 

まずは、スーパーでのお買い物から見直してみましょう。以下の項目に当てはまるものがないかチェックしてみてください。

 

  • 毎日必ずスーパーに立ち寄る
  • チラシを見て特売品をチェックするのが日課
  • 1円でも安い物を買いたいと思い、スーパーをはしごする
  • ポイント3倍の日に買い物をしないともったいない気がする

 

特売品やポイントなどを利用して、一円でも節約しようという思いが感じられるものばかりです。

でも実は、これらの項目全てが「貯まらないクセ」。スーパーには特売品の他にも安くて魅力的な品物がたくさん並んでいるので、本来は必要ない物まで「安いから」「ついでに」という理由であれこれ買ってしまうことになります。

そんなスーパーの誘惑に負けない貯金上手の生活習慣は、「買い物の回数を減らし、事前にメモした物だけ買う」ということ。特売品でも、ポイントが3倍でも、お金を使うというのは同じこと。スーパーで過ごす時間そのものを減らすよう工夫してみましょう!

 

 

日用品の買いだめも要注意!

 

お買い物に関する生活習慣の中で、もう一つ重要なのが「日用品の買い方」。こちらについてもチェックしてみましょう。

 

  • ティッシュ、洗剤、シャンプーなどのストックが常時3セットはある
  • 腐らない物は安い時に買いだめをした方がお得だと思う
  • 買いだめした日用品がぎっしり詰まった収納スペースがある

 

やってしまいがちなこれらの項目も、全てが「貯まらないクセ」なんです。

日用品の価格は大きな変動がありません。セール期間だけ特別安いように見えて、実は定期的に安い時期がやってくるものです。

300円の物を10個買いだめして3000円が財布から一気に消えるのと、数週間に一度300円が消えるのとでは負担が全く違いますよね。一つ買うだけなら300円が330円になってしまっても大きな痛手ではないのです。

買いだめがあると安心して、ついたくさん使ってしまうことも考えられます。買いだめの習慣をやめるだけで必要な時に必要な分だけ使うようになり、自然と買い物の頻度も下がってきます。

日用品のストックで埋まった収納スペースを有効に使えるよう、必要以上の買いだめをきっぱりとやめてみましょう!

 

 

意外な盲点? 冷蔵庫の掃除でお金が貯まる!

 

冷蔵庫の中身は定期的にチェックしていますか?

冷蔵庫を見れば、家計の状況が一目でわかると言われています。手前の方は片付いていても、奥の方から賞味期限が切れたものが出てくるという方は要注意です。

貯金上手の人の冷蔵庫は無駄がなく、いつも片付いているのだそうです。なぜなら「必要な物しか買わず、必ず使い切る」から。賞味期限を逃さないよう、期限が近い物を手前に入れる「先入れ先出し」の習慣が身についているのです。

まずは買い物前に冷蔵庫の中身をチェックする、毎週冷蔵庫の中を綺麗に掃除する、という2つの習慣を作ってみましょう。これだけでも無駄な買い物が大きく減り、貯金上手に一歩近づくことができます。

 

 

「貯まる人」と「貯まらない人」の差は収入ではなく、何気ない生活習慣にあります。

大きな我慢をしなくても、暮らし方を少し変えるだけで大丈夫。まずは小さなことからチャレンジしてみましょう!

ページの先頭へ