接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

意外!?な楽園ルール

楽園のアルバイト・仕事に関する様々なルールをご紹介します。サービスの質を高め、スタッフに充実して働いていただくための秘訣がいっぱいです。

金髪NG!? 業界と逆行する勤務規則が作るいい職場

2016.05.18
hotel

 

アミューズメント施設と聞くと、金髪のスタッフをイメージする方も多いかもしれません。

しかし我々『楽園』は「ホテルでのお客様へのおもてなし」を目標にし、さらにその上のホスピタリティを目指している接客のプロです。

ホテルのレセプションで金髪に染めてる人がいたら、あまりいい印象は受けないですよね。

ここでは楽園の「身だしなみ」についてお話いたします。

「身だしなみ」で気にする場所は…

・服装

・髪

・顔(化粧やひげなど)

の3点。

1点目の服装は、統一の制服が準備されていますので、アルバイトのみなさんにはそれを着用していただきます。

 

2点目の髪ですが、髪の問題は「派手な色にしてはいけない」だけではありません。

男性は前髪が眉にかからない程度にして、耳にかけてはいけません。

女性も肩にかかる場合は結ぶか、バレッタでまとめます。

 

3点目の顔に関して言えば、派手な化粧や過度に伸ばしたひげは禁止です。

しかし、以上の内容を厳しいと思った方は意外に少ないのではないでしょうか。

 

そうなんです。

私たちはただ「社会の基本ルール」に合わせているだけです。

 

髪の色も「派手な色にしてはいけない」だけで、今流行りのダークブラウンは全く問題ありません。

(具体的には6番〜8番くらいまでの色)

化粧も全くしないのは逆によくありません。

ナチュラルだけど、華やかに見える化粧をするのは女性が化粧をする時の基本だと思います。

男性も短く清潔感のある髪型の方がさわやかですよね。

 

「ルール」と聞くと、息苦しい印象を持つ人がたくさんいらっしゃるかもしれませんが、内容は実はそれほど厳しいものでもありません。

日本人らしい身だしなみが私たちは一番の「おしゃれ」だと思っております。

 

身だしなみをきちんとすることで、空気も適度な緊張感を保つことができます。

これは運営を円滑にする鍵なのです。

 

ページの先頭へ