接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

アルバイトスタートガイド

アルバイトをスタートしたいけど、何からすればいいかな…。そんな不安なみなさん集まれ!アルバイトをスタートするための情報はココを見れば分かる!

華麗にスタートダッシュ!アルバイト初日を進化させる5つのポイント

2016.06.21
自己紹介

アルバイト初日。

度胸ややる気があっても、初仕事はドキドキしてしまうもの。

そうした人向けに、華麗にスタートダッシュを決める為の5つのアドバイスをまとめました。

 

1:自己紹介はシュミレーションしよう

 

多くのバイトで初めに行うのは、自己紹介。

主に①挨拶 ②名前 ③趣味 などを伝える事が多いのではないでしょうか。
緊張しがちな、この自己紹介タイム。ダラダラやっても、すぐに終わらせてしまってもいけません。
折角のアピール機会ですので、一度家で練習しておくとより良いでしょう。

 

2:頼れる先輩を見つけよう

 

多くの職場において、頼れる先輩や切り盛りの上手い人というのが存在します。

そうした先輩を頼ったり、やり方を質問して行動すると職場にスムーズになれる事ができます。

職場全体をまずは見て、頼れる先輩とコミュニケーションをしっかりとっていきましょう。

ちなみに、役職が高い人が頼れる先輩というわけではないので、その点は注意しておきましょう。

 

3:なんとなくわかっていても確認するべき所は聞く

 

良くある仕事のミスとして、「わかっていたつもりだった。」

 

疑問

 

というのが存在します。

 

始めの方は、わかっていたツモリでも、わからない事が多い物。

 

その反面、慣れてくると質問しにくい空気が出てきてしまいます。

 

なんとなくわかっていても、確認しなければいけないところはシッカリ質問していきましょう。

 

4:お店ルールを理解しよう

 

こちらは、別のお店でのアルバイト経験がある人向けの注意点です。

 

誤解を承知でお伝えすると、「お店にはお店のルール」というのが存在します。

 

前のお店だとこうやってやる、といったものも他のお店だと全く違うやり方というのは良くあります。

自分の考えているやり方が一番効率であったとしてもお店のルールに従わないと、一緒に働いている人が困ってしまう事にもつながります。

 

ちょっと手間だなぁと思っても、一旦はお店のルールに従ったうえで、慣れてきたタイミングで提案するのがいいですよ。

 

5:相手より先に名前を覚えよう

 

名前を覚えると、質問や指示を聞くときに良いですよね。

 

名前

 

「これどうやればいいですか?」

 

より

 

「佐藤さん、これどうやればいいですか?」のが誰に話しているかわかりやすいですよね。

 

しかも先に覚えて名まえを呼べれば、相手から好印象を得られるはず。

 

仕事と同じぐらい名まえは大事ですので、しっかり覚えましょう。

 

 

いかがでしたか?
たった5つを意識するだけで、あなたのアルバイトライフがより華麗なものへと変化します。
スタートダッシュを決められるかはあなた次第。
ぱらりでは、あなたの良きアルバイトライフを応援しています。

ページの先頭へ