接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

意外!?な楽園ルール

楽園のアルバイト・仕事に関する様々なルールをご紹介します。サービスの質を高め、スタッフに充実して働いていただくための秘訣がいっぱいです。

楽園のここがスゴイ!幸せあふれる職場を目指す「楽園のハッピープロジェクト」

2016.08.30
1

楽園の職場は、毎日少しづつよりよい職場環境へと進化しています。

2016年4月1日から施行された「女性活躍推進法」。この法律をきっかけに、楽園でも「女性が働きやすい職場づくり」を目指して、さまざまな取り組みが始まっています。

今回は、2つのプロジェクトについてご紹介したいと思います。

 

 

1:Wプロジェクトって?

 

「Wプロジェクト」とは、女性管理者が中心となり、「働き甲斐のある職場づくり」をめざす集まり。このプロジェクトは年4回開催します。

テーマを決めてディスカッション形式で意見を募り、その意見を基によりよい職場を目指し改善をしていくことがプロジェクトの目的です。

 

FullSizeRender

 

先月行われたWプロジェクトでは、静岡県・関東エリア(東京、神奈川、千葉、埼玉)・大阪の合計19店舗から27名の参加者が集まりました。(一部男性の方にも参加してもらっています。)

 

今回のテーマは、「お客様に求められる景品のあり方」。

 

よりお客様から喜ばれる「景品管理」「景品陳列」について、ディスカッションを行っていきました。

4名の女性役職者が主催となり、店舗ごとの陳列ノウハウの共有やお客様の立場に立ってどうあるべきかを話し合いました。

ディスカッションの中では気づきも多く、店舗に持ち帰って早速実施する人も。

IMG_0487

 

2:Wプロジェクトの参加者の感想

 

実際に参加者の感想を募ったところ色々な答えが帰ってきました。

「こうした研修が定期的に開催されるのは、非常に良い事だと思う」

「女性が働きやすい職場を実現することで、男性にとっても働きやすい職場に繋げていきたい」

「他店を見るいい機会になった、是非職場にも持ち帰りたい」

今年始まったばかりのプロジェクトですが、早くも色々な成果が見込まれそうです。今後とも彼女たちの活躍に期待したいですね。

 

 

3:もう一つのプロジェクト『子育て委員会』

 

楽園が子育てにも力を入れていることは、これまでも度々記事にしてきました。店舗によっては育児の為の手当てや、託児所併設のお店もあるんですよ。

働くママでも続けられる!楽園の子育て支援制度

 

そんな楽園では、子育てプロジェクトを始動しました。このプロジェクトは総務課、店舗のスタッフ、事務職員等、関係のある人が全員参加のビッグプロジェクト。

まずは育休制度の見直しから開始しています。それ以外にも、育児休暇を取りやすくするためにどうすればいいか?といった話や、生理休暇の導入等にも積極的に取組んでいます。

 

 

4:くるみんマークって知ってる?

 

楽園を運営している浜友観光は、くるみんマークを取得しています。

え?くるみんマークって?という方は、ぜひここで知っていってください!
くるみんマークは「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみ ん認定)を受けた企業だけが表示できるマークなんです。

子育てを応援している企業のしるし、ということですね。

 

1

参照元:厚生労働省

 

浜友観光はこのくるみんマークを持っていますが、現在はさらに上のランクの「プラチナくるみんマーク」の取得を目指しています。

プラチナを取得する為には、育休・産休制度のしっかりとした整備や有給消化率向上などが必須となっています。

 

5:まとめ

 

いかがでしたか?

スタッフが少しでも働きやすいと思える環境を目指し、挑戦を続ける楽園、そして浜友観光。

積極的な職場改善をしている企業で働いてみませんか?

高い福利厚生だけでなく、アミューズメント施設ならではのスキルアップも望めるはず。

ぜひ貴方もトライしてみてください。

 

ページの先頭へ