接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

意外!?な楽園ルール

楽園のアルバイト・仕事に関する様々なルールをご紹介します。サービスの質を高め、スタッフに充実して働いていただくための秘訣がいっぱいです。

色々あります「アルバイトの給与支払いアレコレ」

2016.09.12
給料

アルバイトでもパートでも、働いたら当然欲しいですよね。給料。

もちろん給料はもらえますが、職場や契約次第で給与の計算・支払い方法など実はかなり違ってくるんです。今回はお給料の仕組みについてご紹介します。

 

 

1:月締め

 

殆どのバイト先の給与が月で勤務時間を計算し、決まった日に給与が支払われる形式です。勤務先によっては、月末締め翌月末払いだったり、月中締め月末払いだったりします。

 

(1)月末締め翌月末払いの場合(例)

8月31日に「8月1日~8月31日までの合算した金額を算出」
9月30日に「8月分の給与として支払う」

 

(2)月中締め月末払いの場合(例)

8月16日に「7月16日~8月15日までの合算した金額を算出」
8月31日に「8月分の給与として支払う」

 

 

2:日払い

 

運送や派遣のバイトで多いのが日払い。

働いた分の賃金をそのまま手渡しされたり、事務所で受け取る事ができます。急にお金が必要になったときや、空いた時間をマメに活用できるのでこのタイプのバイトのみを選ぶ人も多いです。

ただ、仕事の種類としては圧倒的に少ないです。

 

 

3:週払い

 

2の日払いの週VERといった感じです。

イベントスタッフ系や遠隔地でのバイトで週払いの事が多いです。

週払いで振り込まれる場合もあれば、事務所で受け取る場合もあるのですが、土日に入金ができないという事もあり注意が必要です。

 

 

4:現物支給

 

余り一般的ではありませんが、生産物や収穫物での現物支給というのも、きちんと認められた制度です。

契約時に現物での支給がいいとした場合、双方の合意があれば勤務の対価に物を得ることが出来ます。

とはいえ、お金がもらえるはずだったのに現物支給となったりしたら、ただの契約違反なのでしっかり講義して下さい!

 

 

5:実は残業代を損してる!?

 

さて、最後に確認しておきたいのは支払いタイミングではなく、残業代について。

残業なんてせず、ササッと仕事を終われればもちろんいいですが、繁忙期などでどうしてもちょっと仕事が時間外に残ってしまうことはありますよね。そんな時、実は残業代が正確にカウントされていないケースがあるのです。

それは残業代を15分や30分単位で管理しているケース。

例えば30分単位のケースでは、月曜日に25分残業、火曜日に15分残業で合計40分の残業をしたとします。しかし、1日ずつの残業時間が30分に達していないので、残業時間は0として扱われます。

これを1ヶ月で考えると、意外となが〜い時間がタダ働きということに・・・。

これは良くないと、ちゃんと短い残業も残業代の支払対象となるよう取り組みが進んでいます。

 

アミューズメント施設楽園でも、残業などに協力してくれる人に対してちゃんと補償を行っています。

具体的には、「勤務時間の計算は、1分単位で行う」です。

残業が発生したら、一定の時間を超えなくても、きちんと残業した時間に応じた給料が発生します。

(時給を60で割って1分あたりの給料、分給を計算)

 

少しでも社員、アルバイト、全てのスタッフが働きやすい、働きたいと思う職場を目指す楽園の取り組みのひとつです。

 

ページの先頭へ