接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

その他

「ぱらり」読者みなさんに、アルバイトだけではない多種多様なジャンルの情報をお届けします!
  • 浜友観光がコミコンを主催! 大盛況のイベントの裏側に迫る

浜友観光がコミコンを主催! 大盛況のイベントの裏側に迫る

2017.01.10
tcc_fb_cover_20161029

みなさん、コミコンというイベントを知っていますか? アメリカでは知らない人がいないと言われるぐらいのビックイベントで、スターウォーズやアメコミ、ゲームなど多種多様なカルチャーを一同に集めたスペシャルなものです。2016年ついにそのコミコンが日本に上陸しました。

 

15235745_1820412598200225_7029498520780153085_o

(引用元:公式FACEBOOK)

 

アメコミ自体は日本人には馴染みが浅いかもしれませんが、それを原作としたアイアンマンやスパイダーマン、BTTFなど映画やグッズ展開、アミューズメントコンテンツもちろんご存知ですよね。きっと貴方にも接点があるはずです。

 

アメコミ

 

そんな日本版コミコン「東京コミコン」について紹介します。

 

1:東京コミコンってどんなイベント?

 

企業ブースと個人ブースからなる展示会的なイベントで、各ブース物販、商品展示、対談、映像紹介など色々な出し物を展示しています。一部ブースではプレゼント品をゲット出来たり、未公開情報を取得できたりなど、ちょっと気になる作品があったり、好きな特撮やアメコミジャンルがある人には最高のイベントなのではないでしょうか。

 

15230840_1820196478221837_6381859778880447650_n

(引用元:公式FACEBOOK)

また、豪華ゲストが来ることでも著名なイベント。アメコミ甲の神様的存在、「スタンリー先生」を初め、ハリウッドの大スター「ジェレミー・レナー」(アベンジャーズでホークアイを演じた人。イケメンかつ演技力に定評があります。)なども当日イベント参加してくれていました。

tcc_fb_cover_20161029

コスプレやファン同士の交流も深く、ディープで濃いイベント。それでいながら、初心者ファン達のハートもガッツリつかんでいる。サブカルファンにとっては、ある意味稀なイベントなのではないでしょうか。

 

 

2:コミケとコミコンの違いって?

 

よく間違えられるのが、コミケとコミコンっておんなじじゃないの? という事。

同じカルチャー系イベントではあるもののその実態は大きく異なります。まず、コミケの方ですが同人誌即売会と言われるもので、同人誌とよばれる個人作成の出版物などを取引する事に重きを置かれたイベントです。企業ブースについてはそのおまけとして始まった経緯があります。(昨今では、企業ブース目当てで行く人も一定数いますが。)

東京コミコンは、公式からファンに向けた特別展示会的なイベントで、映画衣装の生で観覧や新作映画の発表など公式情報に重きを置かれている印象が強いです。個人ブースやサークルブースも勿論ありますが、行く行くどう変わっていくか気になるところですね。

 

15271948_1820422098199275_5671042270834821292_o

(引用元:公式FACEBOOK)

 

また、コミケについてはオールジャンルで同人誌が作られるものですが、東京コミコンについては、アメリカンコミックに重きを置かれて情報が整理されている印象でした。東京コミコンは、今回日本で初開催ですがコミケについては約90回の開催を誇る歴史あるイベントとなっています。

 

映画「バイオハザート」とのタイアップ告知なども行われました。

https://www.youtube.com/watch?v=OJatu7sFOR4

 

ちなみに、東京コミコンは幕張メッセ開催でしたがコミケはビックサイト開催。場所も違うので注意が必要です。

 

 

3:浜友観光は様々な事業に挑戦しています。

 

さて、なぜ今回コミコンについて紹介したかというと、実は本イベント浜友観光の子会社「株式会社 東京コミックコンベンション」が主体となって開催されたイベントなんです!

浜友観光はパチンコホール「楽園」の運用をメインとしながら、アミューズメントや商業施設運営、飲食事業など新たな分野にも次々調整んしています。その一環として、今回アメコミの一大イベント「コミコン」の開催に進出しました。

来年以降も開催される可能性が高く、本国のコミコン、そして東京コミコンと並び立つようなイベントに育っていくことを祈っています! 来年はぱらりをご覧の皆様も是非参加して下さい。

 

ページの先頭へ