接客日本一を目指す
楽園のシゴト研究サイト
接客日本一を目指す楽園のシゴト研究サイト「ぱらり」

スキル・ノウハウ

より良い接客を目指すための情報を、声・動き・身だしなみ・心構えなど様々な角度からお届けします。

103万円の壁は法律改定でどう変わるの?アプリも使って総時給をチェックしよう

2017.01.16
貯金

アルバイトをしていると必ず話に出るのが、100万円を超えるか超えないかの話。たくさん働けばその分だけお金をもらえるのですが、ある一定額を超えると税金が増えてしまうという問題があります。

なぜそういう形になるのか? これからどう変わっていくのか? など、アルバイトと税金についてご紹介します。

 

 

1:103万円の壁ってなんですか?

 

アルバイトと税金についてのテーマでメインになる「103万円の壁」があります。シンプルにお伝えすると、所得税を払う必要があるか、払わないで済むかの違いになります。この所得税というのが意外と金額が大きい為、これを超えてしまうと大幅な減収となってしまうという問題があります。

逆に103万円以上の収入を獲得したい場合には、所得税分を超える勤務が必要となってしまうわけです。

 

楽園などの高給バイトをしている人などにかぎらず、多くの人の悩みとなっているこの103万円の壁。子育てでこれからお金がかかると頭を悩ませている人や、時間をやりくりしてアルバイトやパートをしている人には死活問題と言えるのではないでしょうか。

 

 

2:103万円の壁は新たな形に変更される

 

勤務者にとってだけでなく、管理者にとっても問題となっている103万円の壁。非正規雇用の人が増加する中では、新たな法改正をすべきではないか? という意見は常に出ていました。

夫婦で共働きしている際に、妻のパート収入というのは生活の生命線となる事も多々あります。そうした中で、2018年以降の改正として夫の税金の控除額を変更するという流れになっています。施行前にはなりますが、妻のパート年収が150万円~201万円となった場合にも税金の控除を受ける事が出来るのです。(ただし夫の年収金額が、1,120万円を超える場合は段階的に、控除金額が減少します)

 

 

3:沢山働けるとはいえ、バランスをもって働くことが大切

 

沢山働けるということで大出を振って、勤務時間を増やそう!といっても簡単にできるわけではありません。前述した通り、200万円を超えると税控除を受ける事はできなくなってしまいますし、130万円を超えると、今度は社会保険の支払いという新たな税金もでてきます。

 

バランス

 

ある程度自分で働く時間を決めて勤務しなければいけないということは変わりません。そうでないと、アルバイトのせいで基盤となる生活が壊れてしまうからです。金額を超えない為に必要な方法は、自分自身のシフト管理を行う事です。

 

 

4:シフトや給料管理にはアプリの活用がオススメ

 

自分自身のシフト管理を、スケジュールで見る事が出来るスマホ・タブレットのアプリは色々とあります。中には、自分の時給情報や手当などを入力しておくと、シフトのスケジュールを入れるだけで、自動で給料計算をやってくれる便利なアプリもあります。

そういったアプリを使えば、毎月いくらぐらい収入があるのか?自分自身でメモをしなくてもチェックし続ける事ができるのです。併せて、仮にシフトを入れた際の給与の計算や、月内で急きょシフトが入ってしまった際の、計算なども簡単に管理できます。

複数勤務先がある人などにも、簡単に計算ができるのはこのアプリのいいところではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか?

税金を払うのは国民としての義務。とはいえ、消費税やら住民税やらいろいろとおカネを払っているのだから賢く生きたいと思うのは間違いではありません。賢く国の制度に沿って、自分自身の給与を増やしてみませんか?

 

ページの先頭へ